Home » ご案内

ごあいさつ

ご挨拶

赤ちゃん成育ネットワーク会長 堺 武男

新津直樹初代会長、金原洋治二代目会長の後任として、2014年度より赤ちゃん成育ネットワーク三代目の会長を仰せつかりました堺武男です。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

赤ちゃん成育ネットワーク会長
 堺 武男

個性的な小児医療従事者集団としてのネットワーク

会長を仰せつかり、このネットワークとは何であるかを考えてみました。私なりの目標はこの項の題名に掲げましたような「個性的な小児医療従事者集団としてのネットワーク」です。これまでは会員の資格は「現在またはかつて新生児医療に従事した医師」、としていましたが、新生児医療の発展は治療のみではなく、全てのお子さんを包み込む暖かい雰囲気の医療が求められるようになりました。医師だけで医療を語ることは患者さんとご家族にも不十分な時代になっています。したがって、「新生児医療に関わった医療従事者」の全ての方々が集まり、各々の立場から、またはそれを超えてこのネットワークにお集まり頂きたいと考えます。会員の皆様は、その活動の内容は各自一人一人で異なると考えますが、その中でも「子ども達のために」という基本的立脚点は共通していると思います。私はその共通の立脚点に立つ皆様が、このネットワークという機関を、各々の活動を自由闊達にご披露され、忌憚のないご意見の交換が出来る場として利用可能になればと考えております。
まさに、誰もが自由な、「個性あふれる百花繚乱のネットワーク」でありたいと考える次第です。

お互いの活動を通じ、懇親も深めましょう

赤ちゃん成育ネットワークは運動体であるのか、あるいは単なる懇親の会であるのかについては会員各位の思いは異なると思います。これまで各委員会を中心に培われてきた運動は今後も継承され、発展されるべきであることは当然ながら言を待ちません。とは言え、懇親も決して軽んじられてはならないと考えます。旧NICU仲間と現在の問題、悩みを語り合い、共有し、励まされ、そして励まし、それを私たちの明日の活力とすることはとても意義深いと信じています。どうぞお気軽に研修フォーラム、会報に会員の皆様の現状と悩み、課題をお知らせください。また、その様な交換の場を積極的に作って行きたいと考えております。

周りの方々を会員にお誘い下さい

医師以外の方々もご自由に参加されメンバーになって下さい  私は開業してからまだ8年ですが、開業前の予想とは全く異なり、クリニックでの全責任は自分一人にあり、更に日中は殆ど時間が取れないなど、日常診療でクタクタの毎日です。これなら勤務医の方が楽だった、などと考えてもいます。これは皆さまも同じだと思います。その上で地域医療の課題に取り組み、加えて様々な事業にも参加され、多忙な毎日を送っておられることと思います。その会員の皆様にお願いがあります。それは、周りにこのネットワークに入会する資格をお持ちの方がおられたら是非お誘い頂きたいのです。会員資格は「現在及びかって新生児医療に関わった経験を有する医療関係者で、本会の目的に賛同するもの」であればどなたでも大丈夫です。むしろ職種を超えたネットワークによって子ども達のために多くのことが出来る可能性が大きくなります。
現在抱えている問題を共有出来るメンバーを少しずつ増やしながら、お互いの切磋琢磨につなげたいと考えております。
どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

更新日:2015年3月30日